免税について

Duty Free Security Company Number 1069

デューティーフリー セキュリティ番号1069

当店は政府公認免税店です。

オーストラリアには、日本の消費税に当たる GST (Goods and Service Tax)と呼ばれる税金があります。品物を購入したり、何らかのサービスを受けた場合、その価格の10%を税金として支払わなければなりません。 このGSTを支払わずに商品を購入できるのが、免税 システムです。

また免税には下記の2つのシステムがありますが、いずれも30日以内にその品物をオーストラリア国外に持ち出すことが条件です。


1. 税金を払わず購入する方法 Sealed Bag Method (シールドバッグ メソッド)
2. 税金を、あとで返してもらう方法 Tourist Refund Scheme (ツーリスト リファンド スキーム)

 

1. 税金を払わず購入する方法=シールドバッグ メソッド


  パスポート、航空券を購入時に提示しなければなりません。  
この方法で購入した品物は、封印され、書類を添付されます。 この封印された袋を、出国の際、空港の出国審査の前あたりで係りの人に確認され、添付している書類を剥がした後 その商品を使用する事が出来ます。

この方法で購入した品物は全て手荷物にして飛行機内に持ち込まなければなりません。 購入してオーストラリア滞在中に使用したい物は、この方法で購入することは出来ません。 

  もし袋を開封して中の品物を使用してしまったり、スーツケースに入れてしまい、添付の書類が回収されなかった場合、高額の罰金(最高5千ドル、約40万円)あるいは、12ヶ月以内の禁固刑に処される場合がありますので、注意してください。

2. 税金を、あとで返してもらう方法=ツーリスト リファンド スキーム TRS


オーストラリア滞在中に購入した品物の領収書*が、ひとつの店から300ドル以上のお買い物に対し、支払った税金を、空港の返金窓口で返してもらう方法です。

*タックスインボイスと言われます。Tax Invoiceと印刷され ABN=オーストラリアビジネス番号 販売者の住所 購入金額 年月日 購入品名称等が記されたもの。 
実際の手続きは 代金を支払い、品物を受取るだけなのですが、この際必ず店名や購入日の記載されたレシートを受取り、保管しておきます。 オーストラリア出国の際、出国検査が済んだ後、「TRS (Tourist Refund Scheme)」と書かれた窓口へ行って、購入した品物、レシート、その他パスポートや搭乗券を係員に見せて返金の手続きをし、税金分のお金(オーストラリアドル)を受取ります。 現金で受取る方法以外に、クレジットカードをお持ちであれば、そのカードに返金という方法もあり、
この場合はもちろん日本円に換算され、皆さんのカードに返金されます。

以上のように、ふたつの方法がありますが、これをまとめてみますと、

 

税金を払わず購入する方法

シールドバッグ メソッド

税金を、あとで返してもらう

ツーリスト リファンド スキーム TRS

購  入  時

パスポート・航空券を提示

なし

購入するお店

免税販売の手続きをとっているお店 のみ

どこでも

品物

袋に封印され、出国までは使えない

使うことが出来る。

品物の取扱い

手荷物で、封印された品物を機内に持ち込む。

(スーツケースの様な預けてしまう荷物には入れないで下さい。)

手荷物で、品物を機内に持ち込む。

(スーツケースの様な預けてしまう荷物には入れないで下さい。)

空港での手続

係員に添付書類を取ってもらう。

返金の手続きをする。

長所

税金を払う必要がない。空港で返金手続きが必要ない 。

品物をすぐ使える。どのお店からの品物にも適用される。

短所

オーストラリア国外に出るまで使用できない。買い物の時パスポートと航空券を持ち歩かなければならない。(パスポート航空券のコピーでも可)

空港で返金手続きをしなければならない。(空港に余裕を持っていく必要がある。)

いずれの場合でも免税措置を受けたい場合は スーツケースの様な預けてしまう荷物には入れないで下さい。

当店パーティサファイアではいずれの方法も取る事が出来ます。政府公認免税店Duty Free Security Company Number 1069 デューティーフリー セキュリティ番号1069