ジュエリーの手入れの仕方

貴女の宝石 汚れていませんか? 大切なジュエリーを世代を超えて受け継ぐ為の鉄則を伝授します。

鉄則 1. 日頃の手入れが大事。

外したらすぐに拭くのが理想的です。一度身に付けたジュエリーは、汗や油で結構汚れているものです。そのままにしておくと美しい輝きが失われる原因になります。ジュエリーを外したら、すぐに柔らかい布で丁寧に汚れを拭き取ってください。また汚れがひどい場合には 中性洗剤に漬けて柔らかいブラシ(歯ブラシ)で歯の奥に挟まった物を取るような感じでシャカシャカとやりましょう。これは厭くまでも汚れがひどい場合で 日頃の手入れにまさるものは有りません。またオパールは割れ易いので柔らかい布で拭くだけに留めて置きましょう。 またダイアは裏から磨くと効果的です。

シルバー製品でメッキが剥がれたもの又はメッキがないものは シルバー用のクロス(布)で磨いてあげましょう。メッキが有り光沢が有るうちは布で拭くだけにしましょう。

鉄則 2. 最後に着けて最初に外す

化粧品やヘアースプレー、香水やアルコールは宝石にとって大敵です。また、ジュエリーを着けた後での衣服の脱ぎ着は服と共にジュエリーを傷めたり、紛失の原因にもなります。よく言われますが「最後に着けて最初に外す」癖を付けましょう。

ジュエリーを保管するときはぶつかり合ったりしないように宝石箱や布の小袋などを使って一つずつ分けて収納してください。硬い石と柔らかい石がぶつかると柔らかい方が傷つきます。

鉄則 3. 石鹸と一緒に洗わない。

水仕事、入浴、シャワー、プール等ジュエリーが水に濡れるときは外した方が無難です。石鹸や湯垢、油分等が宝石を曇らせてしまいますので入浴シャワーの時は必ず外すように心掛けて下さい。また 温泉も泉質によっては地金部分が変色する事もあります。

ジュエリーの価値を高めるのも 落とすのも 貴方しだい。折角縁あって身に付けたもの大切にしてくださいね。

トップへ